ビットコイン(Bitcoin)で稼ぎ始めてみよう!

ビットコイン(Bitcoin)で稼ぎ始めてみよう!

こんにちは!めきいとです!

 

あなたは「億り人(おくりびと)」という言葉を聞いたことはありますか?

昨年2017年にあちらこちらでその言葉が飛び交っていましたよね

 

ご存知のとおり、

億り人とは投資で1億円以上の資産を得た人を表す造語です。

 

その億り人になれた方の中には、ビットコインで儲けた方も多数います!

 

そんな可能性のあるビットコインですが、どのようにして利益を生み出しているのでしょうか。

 

1BTCって?satoshiって何??

 

ビットコインで稼ぐ方法を説明する前にビットコインの単位についてお話ししたいと思います。

 

ビットコインの単位は主に以下のものがあります。

 

BTC

ビットコインの基本の単位ですね。

2018年6月12日現在で1BTC=約76万円で取引されています。

BTCを「ビット」と略して呼ばないようする方が好ましいです。

例えば取引所Zaifでは、下で説明しているBitsと紛らわしくなるため、Zaifチャット内で“ビットコイン自体の名称としての「ビットコイン」やその単位であるBTCを「ビット」と略して呼ぶ行為”を禁止しています。

 

mBTC

1BTCの1,000分の1の単位です。つまり、

1BTC= 1000mBTC

です。

 

Bits(μBTC)

1BTCの100万分の1の単位です。つまり、

1BTC =100万μBTC

です。

 

satoshi

1BTCの1億分の1の単位です。つまり、

1BTC 1億=satoshi

1BTC=100万円とすると1satoshi=0.01円です。

 

サトシ?!ってなった方いますよね。僕も初めて聞いたときはなりました。笑

これはナカモトサトシ(satoshi nakamoto)というビットコインを考案した人物?(正体不明)に由来しています。

 

このsatoshiがビットコインの最小単位です。

 

 

スポンサーリンク

ビットコインは5円からでも購入可能?

さて単位についてわかったところで、

実際にビットコインを取引するのに一体何円かかるのかをお伝えしようと思います。

 

ビットコインの最低取引額は「546satoshi」とされています。

546satoshi以下はdustと呼ばれ取引が承認されません。

 

ここで現在(2018/6/12)はだいたい1BTC=76万円なので、

546satoshi=4.1496円

となり5円あれば取引できそうです。

 

しかし取引所によって異なりますが、

0.001BTCや0.0001BTCを最低取引額としているので

実際は0.001BTC=760円、0.0001BTC=76円くらいから取引できます。

(取引所によって異なりますが手数料がかかる場合もあります。)

 

つまり1000円あればビットコインの取引に参加できます!

 

 

さて、参入のハードルが低いことが理解できたところで

次にあなたが何をしたらいいのかをお伝えします。

 

あなたがすべき3つのこと

 

1、ビットコインを買う

2、ビットコインの価格が買った時より上がるまで待つ

3、ビットコインの価格が上がったら売る

 

以上です。

本当に簡単ですよね。

ビットコインの価格の差があなたの利益となります。

ビットコインによる他の稼ぎ方はこちら。

 

以下のチャートを見てください。

 

 

6月12日0時で約73万3千円だったのが、9時に約76万3千円になっているのがわかります。

もしあなたが0時時点で1BTC購入して、9時時点で売却すれば3万円の利益が生まれます。

 

上の例のように短期的に売買を繰り返して利益を出すもよし。

長期的に保有して利益を出すもよし。

それはあなたの資金力やトレードに割ける時間によります。

 

でも、いくら仕組みが簡単でも、いつ買っていつ売ればいいのかわからない!

と思った方は次の記事を参考にしていただけたら幸いです。

リンク