「ポリシーに準拠していない」ってアドセンス申請に落ちても落ち込まずにまず読んで。

「ポリシーに準拠していない」ってアドセンス申請に落ちても落ち込まずにまず読んで。

Googleのポリシーに準拠していないサイト

お客様のサイトはプログラムポリシーに準拠していないか、ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していないため、現時点ではAdSenseのお申し込みを承認出来ませんのでご了承ください。

もう2回もGoogleからこのメールが来た。

 

全15記事。

プライバシーポリシー設置済み。

お問い合わせページ設置済み。

Amazonなどの広告はすべて外した。

 

それなのに。。。

 

もう2回もGoogleからこのメールが来た。

 

間髪入れずに3回目の申請ボタンを押す。

AdSense

avatar

おにく@ブロガー

やっと合格したよ(泣)

 

さてこの間、

実は一回も記事の更新はしていない。

 

ダメそうな記事を消してカテゴリーを整えただけ。

 

なるほど。

 

アドセンスが見ているポイントが分かった!!

 

と、なんでもまるっとお見通しの気分なので今のうちにアドセンスの受かり方をレクチャーしよう。

 

落ち込んでいる暇はない。

プライバシーポリシーとお問い合わせページは必須

これはブロガー諸先輩がた皆さまおっしゃっておられるので間違いないだろう。

avatar

おにく@ブロガー

このブログのを参照してください

プライバシーポリシー

 

ぶっちゃけこれさえやっていれば受かる気がしていた。

 

甘かった。。。

 

ということで、

スポンサーリンク

画像の著作権には要注意

「フリー画像を使おうね」

 

と言われてもフリー画像じゃダメな時がたまにある。

 

「コンビニの独自ブランドがどうちゃら~」って記事を書いたときどうしてもコンビニの商品の写真が欲しかった。

 

それでコンビニのウェブの商品ページをスクショ。

 

加工して記事にペタ。

 

avatar

おにく@ブロガー

もしかして…これマズイかも

 

と思ってこの記事を泣く泣く削除した。

「Uncategorized」にも要注意

そんでもってブログを見直しているとカテゴリーの中にUncategorizedを発見。

 

知らなかったわけではないがカテゴリー分けすると1つの記事しかないカテゴリーが出来る。

 

それもどうかと思ったのでそのままにしておいたのだ。

 

Uncategorizedというカテゴリーが初期設定からあるカテゴリーなのだがマズかったのはここらしい。

 

初期設定のまま残してんじゃねえよ。

 

Google神はそうおっしゃっている。…気がする。

 

初期カテゴリーに入っていた記事はきちんとカテゴリーを命名してその中に入れ直した。

スポンサーリンク

まとめ

やったことは本当にこれだけ。

 

申請中は記事を更新した方がいい、とか言われたりもするがなんともなかった。

 

著作権に引っかかりそうな画像は使わない

初期カテゴリーは使わない

 

これで晴れて「Googleと仕事をしてる」と胸を張れる。