今更聞けない!ビットコイン(Bitcoin)って一体何だろう

今更聞けない!ビットコイン(Bitcoin)って一体何だろう

こんにちは!めきいとです!

 

ビットコインって最近よく聞くけどイマイチわからない…

稼げるって聞いたけど何をしているのかわからない…

 

そう思っているあなたに、朗報です!

この記事を読めば確実に理解できます!

ムズカシイ専門用語を使わずできるだけ簡単に説明するので、是非ご一読ください。

 

ビットコインとは

ビットコインを一言で説明すると、

インターネット上で使える通貨

です。

 

従来のお金と異なるのは、

円やドルと違って

・実態を持たないこと

・価格が“大きく”変動すること

の2点です。他にもたくさん違いはありますが、まずはこの2点を抑えましょう。

 

ビットコインが円やドルと違い実態を持たない(=仮想)というのは、つまり『ビットコイン』という硬貨や紙幣が存在していないということです。

電子マネーとは仕組みが違うのですが、ビットコインも同じような使い方ができます。

まだまだ対応している店舗は少ないですが、、

詳しくはビットコインの使い方を参照してください。

 

とりあえずは、「現物がなくインターネット上でやりとり出来るもの」とさえ認識していれば大丈夫です。

 

 

スポンサーリンク

ビットコインの価格変動幅は大きい!

 

次にビットコインの価格の変動についてお話ししますが、まず円とドルについて考えましょう。

 

皆さんは円の価値は変動しないと思いますか?

もし思っているならそれは間違いです。

円の価格は変動します。

というもの1ドルが90円になったり110円になったりしますよね?

(そうなの?!て方は為替で検索してみてください。)

 

それと同じことがビットコインでも起こるのです。

円とドルだったものが円とビットコインになっただけです。

 

ただ大きく異なるのが変動幅です。

この画像は1年分の1ドルが何円なのかを表した図です。

 

 

だいたい105~115円あたりで上下していますよね

 

 

次の画像は1年分の1BTC(BTC:ビットコインの単位)が何円なのかを表した図です。

 

 

なんと20万〜220万円あたりを上下しています!

 

また長期的な目で見ると、あるノルウェーの男性が約2400円のビットコインを気まぐれで買ったところ4年後に数千万円になったという話もあります。

 

ドルを持っていてもこれほど跳ね上がることはまずないですよね。

 

この変動幅がビットコインだからこそ持っている可能性です!